「瀬戸内ばなな」 「幻のグロスミシェル種」 「0.01%純国産バナナ」 「皮まで美味しい」

バナナが高級フルーツだった時代の幻の品種グロスミシェル種。絶滅したと思われていた品種を最新の技術を駆使し国産化に成功。現在流通しているバナナ(キャベンディッシュ種)よりも香りと糖度が高くもっちりとした食感「黄金の香りのバナナ」とも評されています。

害虫や病気などの対処が必要な為、栽培に手間と時間がかかりますが、お客様に安心して召し上がっていただく為、遺伝子の組み換えなしの国産苗から1本1本丁寧に栽培しています。

「瀬戸内ばなな」は皮ごと食べられます。バナナの栄養素(ポリフェノール、カリウム、セロトニン、食物繊維、オリゴ糖等)は皮と果肉の間に多く含まれています。今注目の牛乳とバナナを皮ごとミキサーにかけてジュースにするのもおすすめですよ。

収 穫 時

追熟室(ついじゅくむろ)で追熟を行いべ頃で到着するように出荷いたします

到着時

緑の部分が無くなれば食べ頃です。
サッパリとした甘さともっちりとした歯たえをお楽しみいただけます

追 熱

黒い斑点(シュガースポット)が5割前後の状態。糖度が上がり香りもお部屋全体に広がります。栄養価も高まり、クリーミーな味わいをお楽しみいただけます。

完 熟

袋から出し、常温(15~20℃)で2~5日間追熟

setoutibanana
YS4_2892

【保管方法】

○個包装から取り出し、直射日光の当たらない風通しの良い場所で、常温(15〜20℃)保存お願いします。

○ばななは自ら追熟を促すガスを発生させます、個包装に入れたままにしておくとガスと水分でカビが発生する恐れがございます。

○日持ちさせる場合はお好みの色に熟してからの冷蔵・冷凍保存お願いしま

小堀建設株式会社の社長として、家族がずっと健康でいられる健康寿命を延ばす家、

 

「睦の工房」というコンセプトを立て、安全・安心に暮らせる住まいづくりを提案してまいりました。

 

人の衣・食・住に関わるハードな部分「住まい」を大切に50年以上新築やリフォームを施工してきましたが、人間の身体を形作っているものはあくまで「食」の部分です。

食の充実がなければどんなに健康的な家に住んでも長く健やかな生活は出来ません。

 

その中で「家族の団らの空間」と「いつまでも健康に暮らしていける」生活の実現を模索していく中で、4年前出会ったのが「農薬を使用しない農業」でした。

 

現在、プランターファームで栽培しているバナナやパパイヤは全て無農薬で栽培しています。

住まいづくりから、食の安全安心へ。

 

無農薬の国産バナナの流通を拡大させていき、岡山・笠岡を国産バナナ王国にしたいと考えています。

農業生産法人 株式会社プランター

【本社所在地】

〒714-0083 岡山県笠岡市二番町5-15

電話:0865-63-5077

FAX :0865-61-4188

【プランターファーム】

 〒714-0046 岡山県笠岡市カブト南町

 営業時間:平日 9:30-15:30

 定休日 土日曜、祝日

 設立 2015年/資本金 900万円

【事業内容】

 プランターファームの運営(バナナ、パパイヤの栽培および販売)