「瀬戸内ばなな」 「幻のグロスミシェル種」 「0.01%純国産バナナ」 「皮まで美味しい」

バナナが高級品だった時代の幻の品種「グロスミシェル」 皮が薄くこぶりなのが特徴で旨味がギュッと濃縮されています。 こぶりでクリーミーな甘みと酸味の絶妙なバランスで 食べると香りが口いっぱいに広がります。

プランターファームのバナナは全て無農薬収穫後にも洗浄剤や防カビ剤、ワックス等も使用していません。
皮に渋みが無くそのまま、皮ごと食べる事が出来ます。
バナナジュースも皮ごとOK!

プランターファームがある笠岡湾干拓地は安定した日照時間と温暖な環境1811ヘクタール(東京ドーム約390個分)の広大な大地からバナナの木いっぱいに恵みを吸収し最大糖度25度まで上がります。

氷河期を乗り越えた植物たちをヒントに発明された特許技術により植物の活きる力を伸ばす事に成功、本州での純国産バナナの栽培を実現しました。

お知らせコーナー

From our blog

RSKラジオに出演しました。

あも~れ!マッタリーノに出演しました。番組内で、瀬戸内ばななを皮ごと美味しく食べてもらいました。

社長メッセージ

住そして食へ

小堀建設株式会社の社長として、家族がずっと健康でいられる健康寿命を延ばす家、

「睦の工房」というコンセプトを立て、安全・安心に暮らせる住まいづくりを提案してまいりました。

人の衣・食・住に関わるハードな部分「住まい」を大切に50年以上新築やリフォームを施工してきましたが、人間の身体を形作っているものはあくまで「食」の部分です。
食の充実がなければどんなに健康的な家に住んでも長く健やかな生活は出来ません。

その中で「家族の団らの空間」と「いつまでも健康に暮らしていける」生活の実現を模索していく中で、4年前出会ったのが「農薬を使用しない農業」でした。

現在、プランターファームで栽培しているバナナやパパイヤは全て無農薬で栽培しています。
住まいづくりから、食の安全安心へ。

無農薬の国産バナナの流通を拡大させていき、岡山・笠岡を国産バナナ王国にしたいと考えています。

代表取締役  小堀 秀男

プランターファーム園長

ゆきちゃん

好きな食べ物 ばななの皮・ばなな葉っぱ・ジャガイモ

農業生産法人 株式会社プランター

本社所在地

714-0083
岡山県笠岡市二番町5-15

連絡先

電話 0865-63-5077

FAX 0865-61-4188

プランターファーム

〒714-0046
岡山県笠岡市カブト南町

営業時間

平日 9:30-15:30

定休日 土日曜、祝日

設立 2015年

資本金 900万円

業務 プランターファームの運営(バナナ、パパイヤの栽培および販売)